体の60%が水

ウォーターサーバーで取り扱う水には、新鮮でミネラルが含まれているお水が数多くあります。水は人間の体の60%を占め、たんぱく質や糖質など様々な細胞を繋ぎとめたり、酸素・栄養素などを細胞へと届ける働きがあります。また、体内の老廃物などを体外へと排出する働きもしています。水は人間が生きていくうえで必要不可欠なものですが、美容や健康にとっても重要です。年齢が増してくるとと肌がカサカサになるのは、体内の水分量が減るためです。赤ちゃんの時の水分量は80%もあり、お肌がプルプルしています。ところが加齢とともに水分量が減り、化粧水やクリームなどでお手入れをしなければいけなくなります。しかし大切なのは、このように外から水分を補うのだけではなく、体の中から水分を補給することです。細胞は体の内側から作られているため、化粧水でお手入れをしてもお肌自体の活性化には結びつきません。十分な水を飲む事で、新陳代謝が良くなり細胞の老化を防ぐことができます。健康な細胞を作り、綺麗な肌を保つためには、1日2L以上の水を飲む、といわれていますが、毎日2L以上の水を飲むことは容易なことではありません。ウォーターサーバーを設置すると、いつでも身近に美味しい水を飲むことができます。夏は冷たい水を、冬は暖かいお湯がいつでも利用することができます。ウォーターサーバーの存在が、水分補給の習慣づけに繋がり、健康と美容にも役立つと考えられます。