浄水器との違い

最近CMでもよく耳にするウォーターサーバーですが、浄水器の水と何が違うのか疑問に思っている人もいると思います。ウォーターサーバーと浄水器の違いは、浄水器の水が水道水なのに対し、ウォーターサーバーの水は天然水であるということです。浄水器は、水道水の中の有機物・マグネシウム・金属・微生物・残留塩素・トリハロメタンなどを減少させたり取り除く機能があります。水から異物を取り除くことを目的とし、定期的にカートリッジを交換するなどのメンテナンスを行う必要があります。ウォーターサーバーは安全でおいしい水を飲むことを目的とし、その水は不純物を取り除いた天然水でミネラルを豊富に含んでいます。ウォーターサーバーは業者からレンタルしているので、メンテナンスは業者が行います。ウォーターサーバーは高いと思っている人も多いと思いますが、水の美味しさと安心性、利便性を考えると決して高くはありません。浄水器はメンテナンスを怠ると雑菌などの衛生面で問題が起こりますが、ウォーターサーバーその心配もありません。いつでも冷水や温水を利用しておくことができるという便利さから、一度使うとやめられなくなるといいます。ウォーターサーバーがあるだけでリッチな気持ちになったり、清潔感が出たりなど、気持ちの面においてもプラスになります。成人の人体は水分が60パーセントを占めています。ミネラルたっぷりの美味しいお水を飲んで、心もからだも健康でありたいものです。